Yamazaki Dental Clinic

その他のむし歯

酸蝕歯

口腔内の唾液の分泌量が減ると緩衝能(中和作用)・再石灰化の力が十分に働かず、むし歯(=酸蝕歯)ができやすくなってしまいます。
|「ノンシュガー」「シュガーレス」の表示で安心していませんか?ビタミンC入りなどのすっぱい飴にも要注意です!
酸が歯の表面を溶かしむし歯(=酸蝕歯)になるので、一日中始終なめるのは止めましょう!

 ドライマウスというほどではなくても、年齢や喫煙習慣により唾液の分泌量が減ると、前歯にくちびるが引っ付きやすくなったり、舌がなめらかに動かなくて喋りづらくなったりして不快なものです。
そういうときに飴をなめると、唾液腺が刺激されて唾液がよく出ます。しかし、飴は砂糖の塊で、むし歯の大きな原因の一つです。

 砂糖を使った、甘いものは歯に悪いからと気を使って、ノンシュガーを選んでなめている場合でも同じ危険性があるのです。ノンシュガーと書いてある飴も、砂糖を完全にカットしてあるとは限りません。あまり知られていませんが、糖類0.5%未満なら、ノンシュガー、シュガーレスの表示が許可されます。この程度の糖類ならそれほど問題にはなりませんが、問題は有機酸が含まれる場合です。ビタミンCやオレンジ、グレープフルーツ、梅などの酸です。始終なめているとお口のなかに、酸が滞留し、歯を溶かし続けます。健康のためにと毎日、お酢を頻繁に飲んでいる人にも同じことが起きています。
 しかも唾液が減っていると、唾液が本来持っている、歯を再石灰化する(溶けかかった歯を修復する)能力が十分に働きません。唾液がジャブジャブ流れていれば酸の影響は減りますが、少ないと酸を洗い流す力も弱く、つまり唾液減+酸蝕のダブルパンチ。とても危険な状態です。

 むし歯が一気に増えてしまわないように、歯に安全と認可されているガム、飴などを選びましょう。「特定保健用食品」のマークが付いてます。そして、毎日フッ素入りの歯磨き剤を使って歯みがきし、定期健診を受けて、お口をむし歯から守っていきましょう。


各論(より具体的に)
 まだ現在でも、食品、飲料、サプリメント、薬、そして自分の胃液などによって歯が溶かされる酸蝕歯については一般的にあまり認知されていません。そのため、砂糖をはじめとする糖質の摂取によって細菌が介在してむし歯になることはよく知られているものの、細菌が介在せず、酸を直接摂取することで、酸蝕歯になることはあまり重要視されていません。

 軽度のものやむし歯と合併しているものなど、酸蝕歯は日常においてごくありふれています。早期に見つけられず、適切な対応や指導を誤れば、患者さんの歯質のダメージは大きく、当医院にとっても信頼を損なうことになりかねません。
 酸蝕歯が進行すると、咬合(噛み合わせ)は低くなって、前歯が薄く、短くなり、審美的にも機能的にもたいへんな問題となります(図2~4)。しかし、残念ながら、明らかな酸蝕歯と思われる症例が強いブラキシズム(歯ぎしり)による咬耗と間違われるなど、酸蝕歯はまだ十分世間に認識されていません。
 ちなみに、酸蝕はブラキシズムによる咬耗(図5)やアブフラクション(強い咬合力による歯頚部の欠損:図6)、歯ブラシによる摩耗と合わせてTooth Wearと称されています。

意味のない酸性食品とアルカリ性食品の区別
 梅干しはアルカリ性食品だから、体をアルカリ性に保ち、健康によいと思って食べている方が多くいます。しかし、梅干しには、多くのクェン酸が含まれており、実際には強い酸性を示します。アルカリ性食品である梅干しは、いったい酸性、アルカリ性どちらなのでしょうか?
 実は、酸性食品とかアルカリ性食品という分類は、pHメーターなどで直接測ったものでなく、その食品を燃やして残った灰を水に溶かし、その液体を滴定という方法で計測し、酸性度、アルカリ度を表したものなのです。ですから、レモンの果汁はpH2~3の強い酸性にもかかわらず、レモン自体は、アルカリ性食品といわれるのです。
 しかし、この酸性食品、アルカリ性食品という分け方は、いまではほとんど用いられていません。「アルカリ性食品だから体によい」と謳っている商品は疑わしいと考えたほうがよいと注意を喚起している自治体もあります。
結局は、pH5.5以下のエナメル質を溶かすような強い酸性かどうかはpHメーターを用いて、直接食品や飲みものを調べてみる必要があります。


野菜やフルーツをたくさん食べるとがん予防になる?
 健康志向の人のなかには、野菜やフルーツの摂取ががん予防に繋がると考えている人が大勢います。たとえば、米国人は一般的には肉食が中心で新鮮な野菜やフルーツの摂取量がもともと少ないため、意識的に野菜やフルーツを多く摂取すれば、そのぶん発がん性が疑われている加工肉などの食べる量が減り、当然体にもよいと考えられます。ですから、世界のなかでもヘルシーといわれている日本人の食生活に、その考えがそのまま当てはまるわけではありません。
 日本人を対象とした研究では、野菜やフルーツをほとんど食べない人を基準とすると、週1回以上食べる人は胃がんの発生率は低いが、もっと多く食べてもがんの発生率は変わらない、野菜やフルーツをたくさん食べても大腸がんのリスクは変わらない)という報告があります。
 要するに、特定の食品に偏ることなく、バランスのよい食事が大切だということです。強い酸性を示すトマトなどの野菜や柑橘類などのフルーツを過剰に摂ることは、少なくとも歯に悪いと知っておいてください。
酸蝕歯になりやすい職業や習慣
 図8は、ある消防士の口腔内です。定期的に歯科医院で健診を受けており、市民のために体力を付けようとクェン酸入りのドリンクを毎日飲んで鍛えていたそうです。
消防士のみなさんは24時間勤務のうえ、勤務明けは体を鍛えるために運動している方が多く、さらに仕事では夏の暑い日にも厚手の消防服に身を包み、体を動かします。
①夜勤がある、②暑いところで働く、③体力がいる、これらは酸蝕歯になりやすい職業の3条件と考えます。3つの条件が揃う消防士は、最もハイリスクな職業といえるでしょう。
 図9は、猛暑のなか、24時間フル操業の工場に昼夜三交代制で勤務していた患者さんです。熱中症予防として、スポーツドリンクが飲み放題だったそうです。スポーツドリンクは、塩分と酸と砂糖水と香料からできたう蝕にも酸蝕歯にもなりやすい飲料です。いわば、砂糖によるう蝕と酸蝕歯の複合型だと思われます。
 夏の暑い日に屋外で働いている建設関係の方も1日にスポーツドリンクを2~3L飲むそうです。また、サッカーやテニスなど屋外で激しい運動をするスポーツ選手も、オレンジジュースやスポーツドリンクを大量に飲むことが知られています。
前述の健康志向の方だけでなく、美容に関心の強い方も酸蝕歯リスクが高いと考えてください。野菜とドレッシング、フルーツ、ビタミンC、黒酢、梅などを過剰に、習慣的に摂取している方がいます(図10)。


酸蝕歯になりやすい条件
 ここまでの説明から、酸性の強い食品をどれだけ多く摂取するかが酸蝕歯になりやすい条件だと思われますが、実はもう少し複雑です。酸蝕を起こしやすい食品は必ずしもpHの低さだけではなく、歯へのくっつきやすさや粘度、形態などによっても異なります。たとえば、ビタミンC(アスコルビン酸)の穎粒などは「水なしで飲める」と謳っており、そのまま飲むと長時間口腔内に留まります。そのため、長期間使用すると酸蝕歯になる可能性が高くなります。
 もちろん、酸性の食品を摂取する量と時間(回数)が多いほど酸蝕を起こしやすいのですが、摂取するタイミングが就寝前や運動中など口が渇いているときだと、唾液が少ないためにより歯が溶けやすい状態になります。また、炭酸飲料をペットボトルから直接少しずつ飲んでいる人は上の前歯が大きなダメージを受けます。一気に飲むかストローで飲んだほうが、歯に接触する時間が少ないのでダメージは少なくなります。
胃酸による酸蝕歯
図2~4は、嘔吐を繰り返すことにより生じた酸蝕歯の例です。摂食障害は思春期以降の女性に多く、体型がスリムであることが女性の魅力を引き立てるといった風潮とともに増加しています。厚生労働省によると、1980年からの20年間で摂食障害の患者は10倍に増えたとされています。
 当医院では摂食障害そのものを治すことはできませんが、合併症ともいえる酸蝕歯は予防できます。さらに、重度の酸蝕歯によって生じた口元の審美障害を治すことにより、歯を見せて笑える前向きな気持ちになってもらうことができるのです。
(最後に)
やまざき歯科医院では未来型歯科医院としてむし歯、歯周病の予防を中心に上記のような特殊な症例にも対応しています。いかにご自身の歯を保存するかが最も大切なことです。